FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラモ製作のコンセプトと道具の話!

結局自分のやりたいことをやるってのが一番重要なんですが、たかがプラモデルですが…ヤフオクとか見てガンプラ完成品とか見てもらうとわかりますが、中にはもう神レベルの素人がいます。

どう見てもプロと大差ないじゃんって感じですよね、しかもネットで検索すればプラモの達人レベルはそれこそ、ゴロゴロいるわけです。
なんで…僕のブログはこういうレベルは目指しません(逃げてるのか?おい!)
まあ…いろんなスタイルがあっていいと思うんですよね、とりま僕は普通の社会人が普通に遊べるレベルのプラモ作成を目指そうと思います。

一時期プラモから、撤退したのでトラウマ直しのためにも頑張りますね!
まず、普通に考えてプラモ作りたいってきっかけは色々なんでしょうが、飾ってカッコいいのがいいなってことなんでしょうね。
そうすると、デカいのはまず無理だと思います、例えばガンプラで言いますとPG、MG、このくらいが1/60、1/100なんで見た目はかっこいいですがデカイし値段が高いし作るのも面倒だし道具もそれなりにいります。

となると、サイズ的にはガンプラだと1/144のHGUCがいいと思います、値段も手頃です、かっこいいタイプならRGってのがあります。
RGについては、作例もありますから画像をアップしますね。
DSCN1599.jpg
DSCN1598.jpg


バンダイも理解してますから、RGには売れそうなラインアップを上げてますね、技術的な問題をここでいう気はありません、そんなこと言えるような技術もないし検索すれば山のように出てきますからね。
DSCN1601.jpg
DSCN1602.jpg

そちらを、参考にしてくださいね。
僕が提案したいのは、作成のための最低限の道具と考え方ですね、プラモデルは慣れないとまず失敗がつきものです、パーツの向き、入れ間違い、気にしてても間違うものです。
この辺が、大きくなればなるほどパーツが多いので失敗しやすくなります、回避の仕方はリカバリができるようにするということですね、これ大事でリカバリーができればほぼ嫌になることも完成品がカッコ悪くなることもまずないんですね。
よくある失敗例としては説明書を見てても勝手に判断して失敗する、最近のガンプラの説明書はパーツの小さな出っ張りまで分かるようになってますので組む前に再度見直せば間違いが減るのはまちがいないです!

とにかく、失敗しても落ち込まない、リカバリー無理ならとりあえず完成させちゃう、足がぶらぶらだったり、手がぶらぶらだったり首が180度変だったり、羽がおかしかったりすると思いますが、完成させると後でなんとかなります(笑)

可動ができなくなるかもしれませんが、飾るだけなら充分です!
要はプラモというよりフィギュアだと思えばいいのです、大事なのは完成させるってことです、さらに重要なことは自分が楽しめる時間を作ってるって思うことですね、だから嫌なことや辛いなって思えるようなことは避けるんですね。
上記が一番重要ですね、続ける人は完成させたモデルのイメージを持って作成のモチベーションを維持できると思いますので少々辛くっても我慢できますでしょうが初心者には辛いですからね!
この辺が、初心者との大きな違いじゃないでしょうかね!

そろそろ、道具の話に入りますね、基本僕が思うのはキットもそうなんですが値段が安いのが正義だとおもうんですよね。
勿論、お金出さないとどうしようもないものや技術レベルで克服できないものもあります。
HGUCを作成するとして普通必要な道具を上げてみますね。

ニッパー(プラモ製作用、薄刃仕様)
これはね、最も使う道具ですねニッパーだけはいいものを買ったほうがいいです、ちなみに僕が使用しているものを上げていきますね。
これは、さすがに100均では無理です。
800円くらいのプラモ製作用のセットに入ってたニッパー
これも、正直あまり使えませんねランナーからパーツを外す時ぐらいですね、メインで使う気にはならないです。
DSCN1583.jpg

だいたい、1000円前後の専用ニッパー各種メーカーから様々な種類が出てると思います。
これぐらいから、かなり使えます、ガシガシ使っても大丈夫なレベルですね。
DSCN1584.jpg

タミヤの薄刃ニッパー
これは、相当使えます、僕の中ではメインですかね…ただ扱いに注意しないとやはり刃がかけたりしますので取り扱いには注意が必要ですね。
DSCN1585.jpg

ゴッドハンドのアルティメットニッパー
サイトを見ると、ニパコ姫が活躍の究極のニッパー確かにすごいです、切れ味が半端ない…その分値段も高いし、手に入れにくいし取り扱いも更に注意が必要です。
DSCN1585.jpg


結論から言えば、プラモ専用ニッパーぐらいからが必要だってことですね。

次に、ニッパーの使い方とかはいろいろあるんですが省略しますね、検索してくださいね自分にあったやり方で作成しましょう。

アートナイフ
これはね、100均がおすすめです。
切れ味だけで言えば、オルファやプラモメーカーからもいろいろ出てますが、はっきり言って切れすぎると思います。
ここまで切れなくても十分に100均ナイフで行けます、逆にパーツが小さいから使いにくいです。
DSCN1586.jpg

余裕がある人は、買ってももちろんいいですよ、多分切れ味を実感できますね(笑)
100均では、ダイソーとセリアを利用してますが、アートナイフはセリアのやつがいい気がしますが、これは使う人の感覚なんでどちらとも言えませんね。
DSCN1587.jpg

ダイソーのアートナイフはオルファタイプですから切れるのは切れると思います。
DSCN1588.jpg

紙やすり(フィニッシングペーパー)
これもね、100均で充分ですね、ただ細かい番目の違いを必要とするなら値段が安いのでタミヤのペーパーを使うのもありですね。
いろいろ、使い出すと角を出したいとか均一に均したいとかおもいます、この辺は僕の腹違いの双子の兄貴(マジか?(笑))のブログにタイラーという道具を使っての記事がありますので参考にしてみてくださいね。
DSCN1589.jpg

目が細かいのから、荒いのまで揃えても安いし相当もちますから安心ですよ、カナヤスりもありますが、正直使わなくなりますね、これは作成し出すと理解できます、僕も初めはカナヤスリ一番だったんですが完成にこだわりが出てくると一部に使用する以外に使わなくなります。
DSCN1591.jpg

接着剤(流し込みタイプ、普通タイプ)
これは、昔のプラモデルでは必須だったんですが、今ではなくてもなんとかなります、あったほうがいいですけどね、これのおすすめは、クレオスのMrセメント流し込みタイプですね、普通タイプではタミヤのセメントでしょうか?双方ともリモネンタイプという匂いが柑橘系のタイプがあります。
流し込みタイプは、技術系の話になりますが合わせ目消しというやるとかっこいい仕上がりになる技術の必要なものでもありますし接着するときに圧着しやすいメリットがあります。
DSCN1593.jpg

ピンセット
これは、結論から言うとダイソーから出ている。ステンレス製のピンセットはかなり良いです。
ほかのタイプは、100均や安価な物は先の合いがわるく細かい部品の取り扱いには向かないです、ダイソー以外のものなら1000円以上はしますが、これくらいの精度は必要ですね!
タミヤのクラフトシリーズのデカール用ピンセットは別物としておすすめです、デカールを貼るならあったほうがいいです!
DSCN1620.jpg
DSCN1622.jpg
DSCN1621.jpg
DSCN1623.jpg
DSCN1624.jpg

追記:画像1枚目は、普通に100均とかで売ってますタイプのピンセットですね、正直これは先端の合いが悪すぎて細かいパーツの組付には向きません、できないことはありませんがちょっとのバランスでパーツがバンバン飛びます、艦船のスケールモデル等ではとんでもない負担になります。

2枚目の画像がダイソーのピンセットになりますが、これはよくできています、重さが少し重いですが合いもいいし高級感がる仕上がりになっています、鶴首、先細タイプの2本あればかなり使えると思います。

刻印らしきものがあるのが、タミヤクラフトワークのピンセットです、勿論必要十分と思います!
先端が平たい矢尻状のがデカール用になります、この平たさがデカールを傷つけずにスムーズに貼れる感じに向いています!

さて、HGUCの素組くらいならこれで充分だと思います、後は塗装なんですが、これは奥が深いので今回は紹介しません、また自分も紹介できるまでになってませんしね、それなり記事にはしてみたいとは思ってます。

とにかく、一番大事なのは失敗しても大丈夫趣味なんだから気楽にやつてこうね。ってことですね。
楽しんでくださいね!

DSCN1595.jpg
DSCN1596.jpg
DSCN1597.jpg

上記の画像には、100円以上の商品も入っていますが、あると便利な商品ですね、セラミックナイフは刃に関して言えばセラカンナとかと全くおなじですのでガシガシ削れます、万力は固定に便利ですよね、オープナーは、ハメ間違いをリカバリーする時に使えます、ブロワーはゴミや削りカスを飛ばしてくれます!

100均のおすすめは僕的には、目的を持ってさまざまな商品を見て使い方を自分で工夫することにあるんじゃないかなと思っています…これは、結構楽しいですよ、是非オススメしますね!

コメント

非公開コメント

No title

「自分のやりたいことをやるってのが重要」
「いろんなスタイルがあっていいと思う」
「大事なのは完成させること」
「嫌なこと辛いことは避ける」
アスランさんのご意見には、
やっぱ共感できますねー

特に嫌なことを避けるって、
勇気のいる発言だと思うんですよ
アスランさん、勇気ありますねーw
これに賛同されない方は
絶対、いらっしゃると思うし
正論をぶつけられると
僕なんてすぐに白旗あげちゃいそうですよw
でも、僕もアスランさんと同意見ですね
さすが、腹違いの(以下略)

「失敗しても大丈夫」
そういってくれると安心できるよーww
ありがとー!

ありがとうございます!

(´;ω;`)ウッ…ふふふふファントムさんにそう言ってもらえると嬉しいなぁ(笑)

正直言ってね、ネットの世界では嘘の情報やマジで知ったかの情報がまかり通ってることがよくありますからね。

リアルの世界でもそうですけど…結局自分自身が体験するか?信頼のおける情報との付き合せが必要なんですよね。

本当に自分が必要な情報ってのは自分自身で取捨選択するしかないんですよね。

あっ…そうそう、アルタイルの仮組みが終わりましたので塗装に入ります…んーワクワク、ドキドキですね(笑)

こんばんは

道具にこだわるのは、共感できます。
値段が高いのが良いのはそうなのですが、やっぱり自分の手にしっくりくるのがいいと思います。
自分も100均の工具が結構あります。
一番高いのでも1800円のニッパーくらいです。
ですが、ピンセットはいいものがいいです。
細かい部品を挟んでは飛ばし、探し回ることが多々あります。
でも、高いんですよね。タミヤのものとかよさそうなんですが、貧乏性のせいでしょうかなかなか買えません。
かみさんに、相談すると「道具にこだわる前に机を片付けろ!」と一喝。とほほ

No title

asukaさんこんにちは、そうそうそうなんですよね、僕もこの前大和作成した時にメチャメチャ苦労しました、その時には画像1番目のピンセットしかなかったんですよね。
もうパーツが飛ぶと大変なんですよ…1/700の機銃とか艦首菊紋とかもうはっきり言ってゴミレベルの小ささですからね。
タミヤの鶴首を買ったんですが、後でダイソーに行ったら見た目が似てて…良さそうだったんで買ったら正直少し重いくらいであんまり変わらない感じがしてるので今は使い分けてます。
初めのピンセットよりは間違いなくいいですよ、お勧めです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。