FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違いだらけの…プラモ製作アスラン編(かなり自分勝手な記事です!)NO、2

間違いだらけの、制作編の続きですね(笑)
プラモデルの製作って、その人の感性なんで同じキットを制作しても出来上がりはそれこそ製作者しだいですよね。
DSCN1668.jpg
DSCN1667.jpg
DSCN1666.jpg
DSCN1665.jpg
(ジオン水中MSのゴックです、これはもう腕を黒く塗りたい…これだけで塗装しました、ちょっとメリハリが効いてないですね、でもまぁ…自分なりには満足してます、ちなみにこれはエアブラシです!)
製作者が満足してれば、どんな出来でもいいわけです、ただやっぱりキットには当然モデルがあるわけですから自分の完成に合わせた出来上がりっていうのがイメージとしてあるわけなんです。
ここらの、キットとの乖離がどう表現するかに関わってくるんじゃないかなと思います。

例えば、キットを買って箱の中身が立体物になる…これだけでもかなり嬉しいわけですよね、いわゆる素組って奴ですね。
僕も一時期ほとんどのキットを素組で作ってました。

今考えるとこれって結構大変なんですよね、イメージ通りにならないんですよね、変なところに筋があったり、色が違ってたり、端々にパーツをカットした跡が残ったり…これが気にしだすとなんとなく気分が下がるんですよね。
ここらを、克服しようとするとそれこそ細心の注意が必要で組立の処理が大変なことになります、ここらを解消するのが塗装なんですよね!

僕の感覚では、素組で細心の処理よりも塗装の方がはるかに簡単です、それによく言われる技術的な点なんですが、合わせ目消し、マスキング、スミ入れ等は基本塗装の前処理的な面があります、スミ入れに関しては素組に関連する方法もあります。

僕が、塗装をなかなかやらなかったのには理由があります、まず面倒くさい?筆にしてもエアブラシにしても準備もさる事ながら塗装後の処理も放ったらかしにできないし、ほったらかしにすると道具が使えなくなる気がする…これが一番大きな理由ですね。
次に、塗装をするには一々考えてやらないと失敗してしまうんじゃないか?こんなところですかね。

一応僕も、自分なりにいろいろ試行錯誤しながら試しては見たんですよね、組立でいうと、合わせ目消しですがネットで検索するとだいたいタミヤの白いセメントをパーツの両接着面に塗って接着面を溶かして圧着すると良い、更に圧着から3から7日間位放置してムニュッと出た面をヤスリで落とせば綺麗に合わせ目が消えるとなってますが…確かに消えますがこんなに長く待ってられないです、それこそモチベが下がって制作意欲が落ちます。
ここは、セメントを流し込みタイプにしてパーツ同士をギリギリ合わせておいて流し込んで圧着ムニュット出れば良いし、でなくても問題はありません、あとは数分したらヤスリがけして終わりです。
これ結局塗装をする前提で考えれば、サフを吹いたり色を塗ったりすれば合わせ目は消えます、ただし素組だとどういったやり方しても処理跡が残るわけですね…だったら処理に時間がかからない方法の方がストレスが溜まりません!
なので、僕は流し込みタイプを使っています。

次にパーツの切り離し時にできる跡なんですが、これは白化した跡が残るんですが、良い刃先のニッパーを使えばかなり減少させれます、更にデザインナイフで処理、紙やすりの番目を上げていって処理を重ねればかなりのところまで目立たいないようにできますが…やはり処置が面倒です、ここは僕は道具の能力で押し切っています、いいニッパーを使えば初めの段階でかなり処置が楽になるのです。
僕の場合ストレスを感じるぐらいなら、道具で解消できるなら解消するというスタイルなんである程度道具は揃えていますが、基本は低価格の物を使ってみて…なぜダメなのかを確認して見たいというのが一つの目標でもありますので自分なりに使ってみてダメなものはダメとはっきり言いたいと思います、逆にこれは安いけど使えるってものはドンドン使いたいと思います。

塗装なんですが、大別すると筆塗りと、エアブラシに分かれると思います、一応スプレーもありますけど細部の塗装にこだわるタイプのプラモ製作では使いにくいですね。
塗装については今回ほぼ挑戦レベルなんで勘違いの解釈もたくさんあるかもしれませんがご理解よろしくお願いします!
それでは、まず筆塗りなんですが、今のところ道具は、ほぼ100均です、筆、マスキングテープ、塗料皿、調色用紙コップ、スポイト唯一調色用スティックがタミヤですかね!
あと塗料とうすめ液がクレオスのMRカラーとガイアノーツですかね!
使ったのは、マシーネンクリーガーのスネークアイ偵察仕様とグローサーフント、アルタイルの2体です。
ベースに日本絵画の下地材の、胡粉ジェッソを塗りサフとしてマホガニーその上にMRカラーを迷彩風に仕上げています、感想なんですが、特に問題を感じたところはありません充分100均道具は使えますね、問題があるとしたら細かい塗り分けが必要な場所ではやはり筆先が少し大きいのとバラけるので必要じゃないところに色がつく可能性があるというところじゃないでしょうか?
これは、実際すこし高いレベルの面相筆になるとやはり問題なく処理できました。
DSCN1688.jpg
DSCN1691.jpg
DSCN1689.jpg
DSCN1690.jpg
(今僕が筆塗りに使ってる、100均中心の道具です、筆はほぼ全部、紙コップは60個入っていて100円です、なにげにすごく便利です、エアブラシの時もハンドピースに塗料を移すのに紙なんで変形すればそのままカップに入ります。細かい調色はスティック、スポイト、化粧用プラスポイトでやってます、紙コップはマジで便利です(笑)、調色用の皿は食器ですが流用してます。)

しかし、100均の筆は大小取り混ぜて5本で100円、面相筆になると安くても1本500円はしますからこの辺どう判断するかは難しいところですね。
それと、僕が塗装をする原因なんですが勿論自分だけの作品が欲しいからなんですが、ここが大きいんですが筆塗りなら後始末、準備が簡単だということですね。
さすがに、コピックやガンダムマーカーほどじゃないですけど、筆の後始末、要するに塗料をきれいに落として乾かして置くってことですね、これさえやっておけばあとは残った塗料は塗料皿にほっといても大丈夫なんですね乾いてもまた次にうすめ液を垂らせば復活するし微妙にほかの色と合わさって微妙な色合いを醸し出すっていうですね、なんともめんどくさがりやの僕にはぴったりなんですよね、ほっておくとドンドン揮発しますから一応100均で皿全体が入るジップ袋を買って入れておくと更にいいですね。
えーっとですね、あと筆塗りなんですが、まぁ…検索するといろいろ出てきますよね筆ムラとか、タテタテヨコヨコで塗ると筆ムラ出にくいとか?えーっとですねこれは大きな表面積を塗る時に使われる表現方法なんですよね、なんでプラモみたいに小さいものはまぁ…とにかく塗料を薄くして何回も塗る一気に塗る、ポイントは置くようにして塗る…これでいいと思います!
変になっても、それが味ですよ均一に塗るならエアブラシかスプレーを使えばいいのです…と割り切りましょう(笑)

こんなところですかねw明日は、エアブラシ塗装を書いてみますね!

コメント

非公開コメント

No title

>キットを買って箱の中身が立体物になる
おおー!!!!
この一文には、とてもとても萌えますねぇー!!
普通の人は萌えないのかなぁ?とか一瞬、思ってしまったw
これ素敵な一文ですよー
なにかのキャッチコピーになるレベルだよ!?
僕のノートに永久保存決定ですw


>なぜダメなのかを確認して見たい
これ素晴らしい姿勢だと思いますー
例えば他の方が薦めていても自分には合わないとか
相性とかありますからねー
その逆もあると思うし
検証していく姿勢とても共感できますです!

ファントムさんコメありですぅ!

うーっ…なんか恥ずかしいですね、基本はファントムさんのブログで感じたことを書いてるようなもんなんですけどね!

なんかね、最近プラモ作り出して自分でこりゃ違うじゃんて思えることがたくさん出てきたんですよね、大したことじゃないんですよ、本当にでもそれが大きなことかもしれないじゃないですか?
だからね、一応自分自身にも確認するために感じたことを書いていこうかなと思ってます。
あとね、道具については本当に面白いと思ってます、ある意味お金の価値ってどうなの?って思えるようなことがあるんですよね(笑)

頑張りますね!

No title

こんばんはー!

素組の話はスゴくよくわかりますね~!
隙間をパテ埋めしたりサフを吹いたり塗装に慣れてくると、無塗装の素組でキレイに作るのが逆にとっても難しく感じます。

あと、安物のニッパーしか持ってない私は、暗い成形色のパーツをカットすると白化しやすいので特に気を使います。
( >д< )ウー

コメありがとうございます!

ぷらっちっくさん、わかります僕もニッパーは一番苦労したんですよね!
キットよりも高いお金を出す道具ってどうなのさ?って感じです。

僕は、はじめはデザインナイフも紙やすりも使わなくてやたら棒ヤスリでガシガシやってたんですよね、おかげでその頃作ったMGは軒並みヤスリ跡が…凄い感じでしたね(笑)
とにかくパーツなんてなんでも切れたらいいやって感じで家にあった金属製のペンチみたいな奴でやってました、今思うとかなり無謀な挑戦でしたね(笑)
今は、考え方変えていろんな道具をいろいろやってみて判断したいと思ってます。
そういえば、この前初めてリューターでヤマト2199のヤマトを削ったんですがやっぱり機械はすごいなと感じましたね…当たり前ですがヤスリで削るのとは全然違いますよね(笑)
まだまだ、改造まではいきませんが、すこしやれそうな感じがしました…うん(笑)!

No title

あれあれ??
この記事って、昨日と変わってます?よね??
写真も入ってなかったような気が・・
写真も見たいなーって思ってたんですよw
たくさん見れてよかったー!

ファントムさんコメありですぅ!

そうですよ、なんとなく画像をアップするのが難しいので記事を編集しながら、後で画像をあわせて放り込む感じなんです。
基本ほら、僕自身の備忘録みたいなもんですからね(笑)

アンモナイツはカッコイイですよ、兵士のフィギュアも付いてるしね、色も迷彩と赤でやってみようと思ってます、2体ありますからね!

来月も買おうかな、キュスター&フリードリヒも欲しいんですよね!(笑)

セイバー良いですよね!

こんばんは。先日は私のブログにコメントありがとうございました!!
セイバーはFateのセイバーですよね?通常の青の服も好きですが、
セイバーリリィも格好可愛くてお気に入りです♪

フィギュアはクオリティーが高く、大きい物では万単位ですよね(苦笑)
今日は…1600円程でプリキュアのフィギュアを購入してしまいました!(笑)
来週そのキャラクターが活躍予定なので、その時更新に使うと思います。
これからも素敵なフィギュアの画像を更新したいです☆

そして明石焼きお好きなのですねー!!嬉しいです♪ 私は…モダン焼きも
好きですね。同じ建物にモダン焼きのお店もあってそちらもおいしいですよ!
神戸はホームグラウンドでしたか~三宮の餃子屋さん、気になります(笑)

この記事では作業道具を公開されてましたね。
なんだか職人さんのお部屋を覗いている気分で楽しく読ませて頂きました♪
ではここまで読んでくださり、ありがとうございました☆

風月時雨さん、コメありです!

そうそう、もちろんFateのセイバーですよ!
あの登場シーンが忘れられなくて、しばらくスマホで聴きまくってましたね。
そうなんですよね、フィギュアはたまに欲しくなるんですよね、リアル物だと高いので、ねんどろいどとか買ってますね(笑)

プライズは安くていいんですけど造形がすこし甘いですしね、まあ飾るだけだからいいんですけえどね!w

モダン焼き良いですねーベースの焼きそばが美味しいと抜群なんですよね(笑)!

連続コメントありがとです!

こんばんは。昨日、本日は私のブログにコメント、リンクもありがとうござい
ました☆ こちらからもリンクを貼らせて頂きました。次のブログ更新の時に
紹介させて頂きますね。三宮の餃子屋さんの件は…時間がある時に探してみます!
元町は南京町の中華料理もおいしんですよね~。そしてモダン焼きはベースの
焼きそばも大事ですね!私は季節限定の牡蠣が特にお気に入りです。
Fateのセイバー、私も登場シーン、格好良くて大好きです…!
後、ねんどろいどは比較的安価で可愛い物が多いですよね。

そして「贖罪の形」の記事へのコメントもありがとうございました☆
目障りな訳がないです!大切に保存させて頂きます。
アスラン様は…ブログ閉鎖の経験もおありなのですね。
そしてまた再開されてこうしてお話できるご縁を嬉しく思います。

ブログは個人のもの…その通りですね!周りの評価を気にし過ぎていました。
確かに悩み過ぎたら本当にキリがないし、誤解は当たり前ですよね。
解消できるように頑張って伝わらなくても、頑張った事実があればそれで良いの
かもですし、本当に嫌になったらやめればいい事ですね(笑)色々重く考え過ぎて
いたかもです。今後もマイペースを大事にして更新を続けていきたいと思います。
アドバイス、元気も頂け本当に嬉しかったです。ありがとうございました!

コメありがとうございます!

風月時雨 さんえーっとですね、詳しい内容は僕にはわかりませんが、例え話で恐縮なんですがもし、僕が自分の作例であるところのプラモデルを意にそぐわない評価をされたとして…今の僕は気にしません。

何故か?それは僕の作品であって僕だけのものだからです。
僕は、プロではないので他人の評価を気にする必要はないからです。
そう 風月時雨 さんの作品も他人の評価なんて問題のない素晴らしいものなんですよ、貴方が評価している物なんだから誰がなんと言おうと関係ないんですよ、もっともっとすばらしい物にしてあげてくださいね、応援しますよ頑張ってくださいね!

赤萬の餃子は美味しいですよ、最近神戸に行く機会がなくて随分出かけてませんが明石焼きとモダン焼き食べに行きたいですね…なんか粉もん世界ですね(笑)

No title

こんにちは
素組っていいですよね。
昔と違って、今のガンプラは多色整形でそのままでほぼ設定通りのカラーリングが再現できます。よい時代になりました。
その分、パーツ数も増えてしまいますが、設計者もいろいろ考えてだれでも手軽に作れるっていうのはとても素晴らしいことだと思います。
自分も出戻り一発目は、1/144のゲルググを素組で作りました。
自分は、第一期ガンプラブームの世代なので塗り分けるのは当たり前でしたので、驚きでした。(ここまで進化するとは。ポリキャップって何?てな感じ)
でも、だんだん欲が出ていろいろやりたくなっちゃうんですよね。
で、オリジナルの話になるのですが、先日ザクを作っているときに、嫁に「緑色ってカエルみたい。でも、ピンク色にするとかわいいかも」っていわれて、けんかになりました。
ザクの何たるかをながながと説明したのですが、最後に言われた言葉が「何でもいいじゃん。好きなように作って、好きなように塗れば。そんなにして楽しい?」でした。
目からうろこでしたよ。
この言葉が、ブログを初めてきっかけでもあるのですが、人の評価を気にしてもしょうがないですよね。(いつも嫁には酷評をいただいていますが)
設定通りもいいのですが、楽しく自分がいいと思えばそれが正解なんですよね。

うおぉーっ、それなんですよ!

asukaさんまさに、僕もそれだったんですよね!
自分自身の中の概念が殻を張ったようになってて一時期作ってても楽しくなくなってたんです…これは説明できない感覚ですね!

勿論こだわりって大事だと思うんですよね、これがなかったら、それこそ只の玩具になってしまうと思うんですよ、ここらの微妙な感じって言うんですかね!

この辺がバランスを崩してたんでしょうね、僕の場合は、でね最近は何故か楽しけりゃいいじゃんって思えるようになったんですよ、これは僕にとっては大きかったですね!
楽になんでも挑戦できるようになりましたからね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。