こんにちは、ご無沙汰してました!

いつもの、突然の海外出張から昨日帰国いたしました。
最近は、直行便ではなくトランジット便を使いますので片道だいたい台湾でのトランジットを含めて約7時間程度かかります。
DSCN1650.jpg
(最近組んだプラモを撮ってみました…かなり選ぶプラモが変わりました(笑))
まぁ…ね別に急がないから僕自身はどうでもいいんですけどね(笑)
飛行機に乗るときには落ちたら別世界と割り切ってますしね(タハッwww)
その分、乗ってる時には結構楽しんでますので…そんなに長時間のフライトも気にはならないです。
DSCN1648.jpg

で早速置いたままにしていた、ガンプラ,マシーネンの塗装をやろうと意気込んでいたのですが…実は僕は出戻りなんで最近はエアブラシをセッティングはしてあるのですが、妙に踏みきれないのです(笑)
やっちゃえばなんてことないのは理解してるんですが、なんかねwww
DSCN1646.jpg
DSCN1643.jpg
DSCN1644.jpg
(マシーネン2作目の、グローサーフント、アルタイルです、アラだらけですね、アラ、アッラーラバウルの神です!)
なんで,マシーネンのスーパージェリーの仮組みでもしようかなと思っていたら…マシーネンは、基本筆塗りで行こうと決めてますので…はい!
DSCN1637.jpg
(スーパージェリーの、箱なんですが、マシーネンは箱からカッコイイですね、大人の感じです!)
突然宅配が、密林から届きました…開けてビックリ、予約していたマシーネンの、MK44 アンモナイト(スマートガン装備)ってやつが届きました、箱だけでも、メチャメチャカッコイイんです!
気分が、高揚します…加賀さん、モードですね(笑)
DSCN1633.jpg
DSCN1634.jpg
DSCN1635.jpg

ついでに、僕のマシーネン2作目の、アルタイルを…今現在完成段階に入ってますが、デカールと細部の補修を残してます。
確実に昔なら嫌になってプラモ撤退レベルの作品です(泣)
DSCN1627.jpg
(下塗りの、マホガニーを塗り終えた段階ですね、このくらいの時が自分ではお気に入りなんですよね(笑))
でもね…これが、今の僕の実力だし、味なんですよね、味そうなんです、面白けりゃいいんですよ(笑)…楽しいんだからねwww(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)うん!
で、ですね…最近作った、ガンプラ(水中MS部隊、4体もあるんで…塗装しないとねーw
これ、HGだから安いのは解るんですが、メチャ安ですね、確か、4体で、4000円以下でしたね!
DSCN1632.jpg
DSCN1631.jpg

ちょっと前に、作成したPGのユニコーンはLEDセットだから高いのはわかりますが、3万円オーバーでしたからね(笑)
まぁ…デカイし迫力はありますけどね( ´▽`)…光るしね!
DSCN1607.jpg
DSCN1606.jpg

でももう、PGは買わないな…うん、ちょっと興味がなくなりました、今は、マシーネンの妙なリアルさや、ガンプラでも何だこりゃみたいなやつが好きです(笑)
あとは…そうそう艦船模型ですよね、これは、艦これの影響ですね、とりあえず空母が組めるまでは頑張ります!
ヤマト2199のメカコレは面白いから結構買ってますね!

値段が、安くてコレクションにイイのが気に入ってます、旧作なら、160円新作でも320円ですからね!
とりあえず、今日はこんなところでまた、明日からブログ頑張りますね(笑)
後で、画像をアップしますね、よろしくです…なのです!
DSCN1609.jpg
(最後に、ジオン水中MS4体目のゴッグです、こいつの腕がなんとなく好きですw)
頑張るっ…ぽい!
スポンサーサイト

ゴジラ、ガメラ、以外の怪獣達…色々います、こんなに怪獣だらけの国って、どうなのさぁ?日向!

ちょっと、マニアックな奴から行ってみますかね、映画会社別から行きますと松竹、日活あたりですかね、松竹では、宇宙大怪獣ギララってのがいます、日活では、大巨獣ガッパですかね!
018.jpg
(うーん、なぜか、画像がガラモンになりますね、おかしいなぁ(笑))

ギララもガッパも続編がなかったのでゴジラやガメラのようにキャラ付けがされる前に消えて行きましたね、DVDとかで見るとなかなか面白いキャラなんですけどね(笑)
特にガッパなんかは、怪獣としては家族愛に溢れたすごくユニークな怪獣だと思います、設定では相当強そうだしね、ハリウッド版1作目のゴジラ(別名:ジラ)よりは強そうですね(笑)
013.jpg

(大巨獣ガッパですね!)

東宝や大映もゴジラ、ガメラ以外にもいろいろいますけどね、東宝では、ドゴラや南海の三大怪獣、フランケンシュタイン、その続編らしき、サンダ、ガイラこの辺ですかねぇ…あとはゴジラに吸収されてますからね!



大映では、未だにマニアに大人気の、大魔神他にはマイナーなパイラ人とかね、これは有名な岡本太郎先生のデザインだそうですからね!
036.jpg
034.jpg
(大魔神でも特に人気の高い3部作最終作の大魔神怒る…からの宝剣を抜いたシーンです!)
あっ…そだ、東映にも怪獣がいましたね、怪竜大決戦だっけなぁ?主人公が、ジライヤでガマ仙人の弟子なんですが兄弟子の操る怪竜と千年ガマとが戦いますがやっぱり、蛇とカエルなんで負けちゃうわけですね…そこになんと主人公のヒロインが蜘蛛を操り助けるのですが、このヒロインがまた兄弟子の娘だというなんというかすごいストーリーですよね(笑)
157.jpg
158.jpg
156.jpg
(この映画の、快竜はフィギュア見たことないです、画像は赤影の千年ガマですね!)
最後は、時代劇らしく剣戟でケリが付くっていうオチまでついてます、またこの時の千年ガマが少しデザインを変えて仮面の忍者赤影に出てきます(笑)
まぁ…ゴジラも襟巻きをつけて、ジラースになったりウルトラQのゴメスになったりしてますからねwww

映画的には、面白いなと思ったのは、ドゴラ、ギララ、ガッパ、怪竜大決戦、大魔神3部作ですかね…このあたりは結構楽しめる映画だとおもいますね。

あっそかぁ…怪獣ではないけど、大映の妖怪百物語と続編の妖怪大決戦ってのも面白いと思いますよ…なんとなく、時代劇に偏ってる感じがしますね(笑)

大魔神もそうなんですけど時代背景が昔だから、あまり違和感がなく映画の世界に入り込めるのかもしれませんね、勧善懲悪バリバリのストーリーもストレスなく安心して見れますしね。

あと少し、ゴジラやガメラの敵役のフィギュアもあげてみますね、有名なやつ中心にしますのでご存知の物もあるかもしれませんね(笑)
039.jpg
035.jpg
DSCN1302.jpg
DSCN1299.jpg
DSCN1259.jpg
DSCN1252.jpg
DSCN1230.jpg
DSCN1229.jpg
DSCN1227.jpg
DSCN1225.jpg
DSCN1147.jpg
DSCN1134.jpg
DSCN1130.jpg
DSCN1121.jpg
030.jpg
011.jpg
010.jpg
008.jpg
101.jpg

(すみません、なんかアルバムからの画像のアップロードがムチャクチャで…修正ができません、ちょっと思考して修正しますね)

艦これと言えば…www

僕的には、2013秋のイベントですかねーwwwアイアインボトムサウンドでしたっけ?、敵は飛行場姫だっけかな?
報酬は、あの大和型2番鑑武蔵だったんですよね。
DSCN1544.jpg
DSCN1545.jpg
DSCN1546.jpg
DSCN1547.jpg

僕は、この前イベ2013年夏のイベ終了3日前にラバウル着任でしたが…全く何もわからないままに参加しましたが当然E-1マップすらクリアできませんでした。
この時の、最終報酬が大和だったんですよね、E-1報酬が潜水艦のイー168だったかな?

今思うともう少し思考すればE-1はクリアできたような気がするんですけどね、まぁ…過ぎた話です(笑)
当時は、たしかまだ中破轟沈説が主流で、たしかあるゲーム雑誌で検証されたとか?の説がまことしやかに流れていました。

このせいで、当時は2-4のクリアがかなりキツかったです、実際僕はかなりの試行回数を余儀なくされました…その分練度が上がっていたのか?3-4、4-4は意外にすんなりクリアできた気がしています。

アイアンボトムサウンド、このイベが始まる頃には一部には残っていましたが中破轟沈説は息を潜めて、中波なら進撃が主流でしたね、ただもちろん、かなり怖々進んでいたのも事実です。
DSCN1558.jpg
DSCN1556.jpg

で、秋イベなんですが意外にスムーズに1,2,3、と進みあのE-4に突入します、艦隊練度はそこそこ足りていたし資源も当時は30万の頭打ちもありませんでしたから各資源40から50万はあったと思います。

すでに、先行提督からのネット上の報告は上がっており…まさに阿鼻叫喚攻略WIKIも凄まじい意見のぶつけ合いになってました。
また、ここをクリアして最終マップがまだあるんだってことが判明しておりクリア報酬は、潜水艦イー8なんですから悩みましたね。
当時は、マップボスのゲージ回復は当たり前でしたしそう考えると途中放置はできませんから取り掛かったらクリアするまで寝ることすらできない可能性もありました…事実僕は36時間寝れませんでした(涙)

とにかく万全の体制が必要でしたので仕事の休みがある程度取れて集中できる予定を組んで望みました、読んでる人にとってはたかがゲームに?って思われるのは当たり前ですが、まぁ…今よりはるかに艦これに没頭してましたからね(笑)

都合3日間の休みを使い挑戦しました…今は記憶がもうかなり飛んでるので詳細は語れませんが正に地獄でしたね…大げさですがクリアするという命題を克服するという1点においての表現ですからね。

とにかく、イライラされっぱなしでしたね…あの中で正しい答えなんかないわけですからね、ある程度の練度、装備、資源を準備している提督にとっては運しかないわけです。

これがまた、運の要素がばらまかれてましたからね…本当にきつかったです、クリアした時にはマジで大声あげてしまいましたもんね、もうねやっと寝れるんだって思ったら何度画面を確認したことか思わず涙が出ましたもんね。
あんなに、嬉しかったのは仕事の成功を確信したとき以来かもしれませんね、多分この時の記憶が未だに艦これを毎日飽きもせずにやってる原動力かもしれませんね。

ちなみに、このあと最終マップに出撃するまで間が3日間ぐらいあきました、それでもクリアには7から10時間ぐらいはかかった気がしますね。
最後確か、軽巡洋艦矢矧が実装されてE-5ドロップだったかな?相当周回しましたが、矢矧はドロップしませんでしたね(涙)

僕的に艦隊これくしょんを考えるに非常にシンプルなゲームなんだけどそれだけに奥が深いのかなと考えています、ニコニコやピクシブ等の二次創作をみても思い入れをもった提督たちが自分なりの解釈でさまざまな物語やイラスト、動画をアップされたりしています…それだけ愛されているゲームなんだなと思いますので僕も参加していることが嬉しいのは事実です。

僕の、ミリタリーお宅の中では、日本海軍最高の提督山口多聞彼が率いた2航戦、飛竜、蒼龍ミッドウェーまでの無敵連合艦隊の栄光が一瞬の挫折から惨敗へのレクイエムに変わる悲哀を抱いたまま艦娘に生まれ変わった少女達の物語。
いいですねーやっぱり鑑これは面白いです。
DSCN1548.jpg

プラモデルの技術でもって作成できればいいんですけどねぇ…こればっかしはねー艦船プラモデルの難易度は半端ないですからね、もう少し技術の蓄積が必要ですね、いや…問題は作成するって気構え、モチベですかね(笑)

フジミ模型から出ている、鑑NEXTシリーズがたくさん種類が出てくれば作成したいんですけどね、今のところ大和だけですからね。
まぁ…頑張ります(笑)
DSCN1567.jpg

ちなみに、敵側の深海棲鑑なんですが、僕は、空母ヲ級とベタですが、北方棲姫が好きですね、嫌いなのは、トラウマになった重巡洋艦達ですかね、未だにこいつらはヤバイですwww
提督の皆さん夏イベ頑張りましょうね…まだまだ、先かな(笑)

昭和の大怪獣、ゴジラ、ガメラ、とかね!

記事的にどうかとは思うんですが、懐かしの大怪獣って感じで書いてみますね!
DSCN1212.jpg

まずは、日本を代表する怪獣王、ゴジラですね!
最近2回目のハリウッド進出で世界の大スターですよね、勿論映画を公開と同時に見に行ったのですが…その後すぐにいつもの海外出張で散々パーソナルビデオで見まくりました!

まぁ…スクリーンの大迫力を考えると映画館で見るのは別物ですよね(笑)
僕的には、ゴジラは3作目のキングコングVSゴジラが好きです、圧倒的な悪者感それに画像を見てもゴジラの迫力は凄まじいものがります。
次に好きなのは、画像にも上げてますが、モスラVSゴジラのゴジラですかね、前作に比較してマッシブ感は減ってますが均整のとれたスタイルでカッコイイですね。
DSCN1213.jpg
DSCN1214.jpg
DSCN1215.jpg


これ以降のゴジラは、ちょっとイメージは良くないです、むしろ敵役の怪獣に興味が出てきます。
キングギドラ、こいつはカッコイイです、こいつと平成ゴジラのビオランテについては双璧で大好きですね、あとは、ガイガン昭和と平成でスタイルが違いますが、どちらかといえば昭和の丸いイメージのガイガンが好きですね。

平成物の敵役では、メカゴジラですかね、メカ物らしくてカッコイイです!メカゴジラもシリーズの中では3タイプに変化します、勿論機龍が一番なんですが、昭和のメカゴジラも味があってなかなかのもんです。

2代目はすこし影が薄いですが、空中戦可能なガルーダ装備のマッシブなメカゴジラでこちらも味があります、他にも魅力的な怪獣はたくさんいます、ラドン、モスラ、マンダ、バラゴン、揚げだしたらキリがないですね(笑)

ゴジラシリーズに出てくる、防衛軍の装備で外せない物がああります、メーサー殺獣戦車ですね…これはカッコイイです登場シーンのBGMはワクワクドキドキですね。

あとシリーズでは、ファイナルウォーズに最初のシーンで出てきます、海底軍艦轟天号…超かっこいいです映画の海底軍艦は最高に好きです。
マンダは、うーん…お察しレベルの弱さでまぁ…ムウ帝国の守り神だからね…そうそう、うん!(笑)
なんていうか、神宮寺大佐カッコイイですよ!
艦これ魂をゆさぶりますね…なんだこりゃ!

書き出すと止まらないんですが、とりあえず東宝物はこれくらいにしてまた次に書きますね。

さて次は、やはり怪獣ものとしては人気を二分しますガメラですね、一部マニアックなファンはゴジラよりも熱狂的かもですね!

ガメラに関しては、僕は昭和物よりも平成3部作のガメラが大好きです、昭和物も味があって嫌いではもちろんないですよ、むしろマニアックさでは半端ないです。(笑)
071.jpg
070.jpg

昭和物ガメラは、基本少年や人の味方ってスタンスが、全編を貫いてます、唯一欠片も見えないのが2作目のバルゴン戦でしょうか?
ガメラVSバルゴンは映画としてかなり好きです、ストーリーもよくできていて特に敵役のバルゴンは秀逸なデザインだと思います。
061.jpg
060.jpg
003.jpg
133.jpg

昭和ガメラでは、1、2、3、4作目のバイラス戦くらいまでが好みですかね、3作目のギャオス戦ではなかなか面白い筋立てでギャオスの悪魔的なイメージがいいですね、この辺平成物でもギャオスは、究極のライバルとされているみたいですしね!

平成3部作では、ギャオス、レギオン、イリスと敵役が変わりますが各作品の連携も少しいれながらストーリーを連ねています、バックボーンストーリーもそれなりに組んでいるところが興味深いですね。
できたら、バルゴンやギロンなんかを復活して欲しいですね!

とりあえず、今日はこれぐらいにしておきますね、また記事を上げますね!
よろしくお願い致します!

プラモ製作のコンセプトと道具の話!

結局自分のやりたいことをやるってのが一番重要なんですが、たかがプラモデルですが…ヤフオクとか見てガンプラ完成品とか見てもらうとわかりますが、中にはもう神レベルの素人がいます。

どう見てもプロと大差ないじゃんって感じですよね、しかもネットで検索すればプラモの達人レベルはそれこそ、ゴロゴロいるわけです。
なんで…僕のブログはこういうレベルは目指しません(逃げてるのか?おい!)
まあ…いろんなスタイルがあっていいと思うんですよね、とりま僕は普通の社会人が普通に遊べるレベルのプラモ作成を目指そうと思います。

一時期プラモから、撤退したのでトラウマ直しのためにも頑張りますね!
まず、普通に考えてプラモ作りたいってきっかけは色々なんでしょうが、飾ってカッコいいのがいいなってことなんでしょうね。
そうすると、デカいのはまず無理だと思います、例えばガンプラで言いますとPG、MG、このくらいが1/60、1/100なんで見た目はかっこいいですがデカイし値段が高いし作るのも面倒だし道具もそれなりにいります。

となると、サイズ的にはガンプラだと1/144のHGUCがいいと思います、値段も手頃です、かっこいいタイプならRGってのがあります。
RGについては、作例もありますから画像をアップしますね。
DSCN1599.jpg
DSCN1598.jpg


バンダイも理解してますから、RGには売れそうなラインアップを上げてますね、技術的な問題をここでいう気はありません、そんなこと言えるような技術もないし検索すれば山のように出てきますからね。
DSCN1601.jpg
DSCN1602.jpg

そちらを、参考にしてくださいね。
僕が提案したいのは、作成のための最低限の道具と考え方ですね、プラモデルは慣れないとまず失敗がつきものです、パーツの向き、入れ間違い、気にしてても間違うものです。
この辺が、大きくなればなるほどパーツが多いので失敗しやすくなります、回避の仕方はリカバリができるようにするということですね、これ大事でリカバリーができればほぼ嫌になることも完成品がカッコ悪くなることもまずないんですね。
よくある失敗例としては説明書を見てても勝手に判断して失敗する、最近のガンプラの説明書はパーツの小さな出っ張りまで分かるようになってますので組む前に再度見直せば間違いが減るのはまちがいないです!

とにかく、失敗しても落ち込まない、リカバリー無理ならとりあえず完成させちゃう、足がぶらぶらだったり、手がぶらぶらだったり首が180度変だったり、羽がおかしかったりすると思いますが、完成させると後でなんとかなります(笑)

可動ができなくなるかもしれませんが、飾るだけなら充分です!
要はプラモというよりフィギュアだと思えばいいのです、大事なのは完成させるってことです、さらに重要なことは自分が楽しめる時間を作ってるって思うことですね、だから嫌なことや辛いなって思えるようなことは避けるんですね。
上記が一番重要ですね、続ける人は完成させたモデルのイメージを持って作成のモチベーションを維持できると思いますので少々辛くっても我慢できますでしょうが初心者には辛いですからね!
この辺が、初心者との大きな違いじゃないでしょうかね!

そろそろ、道具の話に入りますね、基本僕が思うのはキットもそうなんですが値段が安いのが正義だとおもうんですよね。
勿論、お金出さないとどうしようもないものや技術レベルで克服できないものもあります。
HGUCを作成するとして普通必要な道具を上げてみますね。

ニッパー(プラモ製作用、薄刃仕様)
これはね、最も使う道具ですねニッパーだけはいいものを買ったほうがいいです、ちなみに僕が使用しているものを上げていきますね。
これは、さすがに100均では無理です。
800円くらいのプラモ製作用のセットに入ってたニッパー
これも、正直あまり使えませんねランナーからパーツを外す時ぐらいですね、メインで使う気にはならないです。
DSCN1583.jpg

だいたい、1000円前後の専用ニッパー各種メーカーから様々な種類が出てると思います。
これぐらいから、かなり使えます、ガシガシ使っても大丈夫なレベルですね。
DSCN1584.jpg

タミヤの薄刃ニッパー
これは、相当使えます、僕の中ではメインですかね…ただ扱いに注意しないとやはり刃がかけたりしますので取り扱いには注意が必要ですね。
DSCN1585.jpg

ゴッドハンドのアルティメットニッパー
サイトを見ると、ニパコ姫が活躍の究極のニッパー確かにすごいです、切れ味が半端ない…その分値段も高いし、手に入れにくいし取り扱いも更に注意が必要です。
DSCN1585.jpg


結論から言えば、プラモ専用ニッパーぐらいからが必要だってことですね。

次に、ニッパーの使い方とかはいろいろあるんですが省略しますね、検索してくださいね自分にあったやり方で作成しましょう。

アートナイフ
これはね、100均がおすすめです。
切れ味だけで言えば、オルファやプラモメーカーからもいろいろ出てますが、はっきり言って切れすぎると思います。
ここまで切れなくても十分に100均ナイフで行けます、逆にパーツが小さいから使いにくいです。
DSCN1586.jpg

余裕がある人は、買ってももちろんいいですよ、多分切れ味を実感できますね(笑)
100均では、ダイソーとセリアを利用してますが、アートナイフはセリアのやつがいい気がしますが、これは使う人の感覚なんでどちらとも言えませんね。
DSCN1587.jpg

ダイソーのアートナイフはオルファタイプですから切れるのは切れると思います。
DSCN1588.jpg

紙やすり(フィニッシングペーパー)
これもね、100均で充分ですね、ただ細かい番目の違いを必要とするなら値段が安いのでタミヤのペーパーを使うのもありですね。
いろいろ、使い出すと角を出したいとか均一に均したいとかおもいます、この辺は僕の腹違いの双子の兄貴(マジか?(笑))のブログにタイラーという道具を使っての記事がありますので参考にしてみてくださいね。
DSCN1589.jpg

目が細かいのから、荒いのまで揃えても安いし相当もちますから安心ですよ、カナヤスりもありますが、正直使わなくなりますね、これは作成し出すと理解できます、僕も初めはカナヤスリ一番だったんですが完成にこだわりが出てくると一部に使用する以外に使わなくなります。
DSCN1591.jpg

接着剤(流し込みタイプ、普通タイプ)
これは、昔のプラモデルでは必須だったんですが、今ではなくてもなんとかなります、あったほうがいいですけどね、これのおすすめは、クレオスのMrセメント流し込みタイプですね、普通タイプではタミヤのセメントでしょうか?双方ともリモネンタイプという匂いが柑橘系のタイプがあります。
流し込みタイプは、技術系の話になりますが合わせ目消しというやるとかっこいい仕上がりになる技術の必要なものでもありますし接着するときに圧着しやすいメリットがあります。
DSCN1593.jpg

ピンセット
これは、結論から言うとダイソーから出ている。ステンレス製のピンセットはかなり良いです。
ほかのタイプは、100均や安価な物は先の合いがわるく細かい部品の取り扱いには向かないです、ダイソー以外のものなら1000円以上はしますが、これくらいの精度は必要ですね!
タミヤのクラフトシリーズのデカール用ピンセットは別物としておすすめです、デカールを貼るならあったほうがいいです!
DSCN1620.jpg
DSCN1622.jpg
DSCN1621.jpg
DSCN1623.jpg
DSCN1624.jpg

追記:画像1枚目は、普通に100均とかで売ってますタイプのピンセットですね、正直これは先端の合いが悪すぎて細かいパーツの組付には向きません、できないことはありませんがちょっとのバランスでパーツがバンバン飛びます、艦船のスケールモデル等ではとんでもない負担になります。

2枚目の画像がダイソーのピンセットになりますが、これはよくできています、重さが少し重いですが合いもいいし高級感がる仕上がりになっています、鶴首、先細タイプの2本あればかなり使えると思います。

刻印らしきものがあるのが、タミヤクラフトワークのピンセットです、勿論必要十分と思います!
先端が平たい矢尻状のがデカール用になります、この平たさがデカールを傷つけずにスムーズに貼れる感じに向いています!

さて、HGUCの素組くらいならこれで充分だと思います、後は塗装なんですが、これは奥が深いので今回は紹介しません、また自分も紹介できるまでになってませんしね、それなり記事にはしてみたいとは思ってます。

とにかく、一番大事なのは失敗しても大丈夫趣味なんだから気楽にやつてこうね。ってことですね。
楽しんでくださいね!

DSCN1595.jpg
DSCN1596.jpg
DSCN1597.jpg

上記の画像には、100円以上の商品も入っていますが、あると便利な商品ですね、セラミックナイフは刃に関して言えばセラカンナとかと全くおなじですのでガシガシ削れます、万力は固定に便利ですよね、オープナーは、ハメ間違いをリカバリーする時に使えます、ブロワーはゴミや削りカスを飛ばしてくれます!

100均のおすすめは僕的には、目的を持ってさまざまな商品を見て使い方を自分で工夫することにあるんじゃないかなと思っています…これは、結構楽しいですよ、是非オススメしますね!

艦これ

えーっとですね、実は一時期オンラインゲームやスマホゲームに凄く嵌ったことがありました、課金額で月に5万円以上最大どれぐらいか今ではわからないです(笑)
DSCN1566.jpg

嵌る体質なんで時間も日がなやってた記憶があります、ある日突然我に返るというか嫌になつて辞めちゃいましたが2013年の夏イベントから未だにずっとやっているオンラインゲームがあります。
DSCN1549.jpg

タイトルの、艦隊コレクションですね、ゲーム自体は配信前から知ってて初期登録もしたような記憶があるのですが、結局は放置してしまい、真剣にやり始めたのは2013年の夏イベ終了3日前くらいだったと思います。
DSCN1552.jpg

この当時かなりの人気ゲームになっていまして登録もたしか抽選でしたね、幸い一発で登録できて配置先は、決戦基地のラバウルです。当時の夏イベは最終報酬があの大和だったのもあり、なんとかく最終マップまでクリアしたかったのですが、流石に始めて3日の戦力では初期マップすらクリアできませんでした(涙)
DSCN1564.jpg

ここでヘコタレずに次のイベントまでには頑張るぞってのめり込んでいきました、今思うに艦これの魅力はミリヲタ系のシミュレーション系の匂いを残した微小のエロゲーって感じですかね(笑)
ミリヲタシミュレーションげーむでは、オンラインではないですが、紺碧の艦隊、提督の決断、鋼鉄の咆哮、太平洋戦記、戦記2とこなしてましたので下地は十分だったと思います。
ゲーム自体の進行は、全く難しくありませんミリヲタの知識もいりませんしね。
このゲームオンラインゲームでは珍しいほど課金が要りません、課金しなくても普通にこなしていれば強くなります…時間はそれなりにかかります。
DSCN1557.jpg

課金をするとしても、母港の修復ドック2箇所分1000×2で¥2000円あとはゲームが進めば鑑娘(旧帝国海軍の艦船の心を持った20歳前後の少女達)の所持枠拡大に10人増で、¥1000円、レベル99を上限とした鑑娘を上限突破させるための、ケッコンカッコカリというシステムを利用するための書類一式が一人あたり¥700円かかりますが、僕の例で上げると母港拡張が140人で¥14000円現状最大枠です、母港修復ドック2箇所で、¥2000円、ケッコンカッコカリが、8人で¥5600円総合計が、¥21600円です、なんの役にも立たないウェブ上のデータにと考えると馬鹿らしいのですが、もうすぐ遊び始めて2年になりますが全く飽きないゲームなので、僕的にはコスパは最上です(笑)
DSCN1558.jpg

正直今の現有戦力で少し頑張ればおそらくラバウルの500位以内には入れますが、そこまでやる気はないのでいつも階級上、大将から元帥の下っ端位をうろうろしています。
このゲームはイベントがだいたい2,3ヶ月に一度あります、毎日はこの為のワークのようなものです。
そうそう、勿論ゲームをやり始めるとキャラに思い入れが出てきます…そうするとお気に入りのキャラは勿論所有鑑娘全てを戦いで失いたくはなくなります。
この辺は、ニコニコやyou tube なんかを見ていただくとよくわかります、特にニコニコには、秀逸な動画がたくさんアップされています、これ見てるだけでも楽しいと思います。
DSCN1554.jpg

一時期アニメもありましたからね、今は登録人数が、300万人を突破したのかな?これはスマホゲームなんかではよくある数字ですが、あれは純粋なアクティブユーザー数では艦これとは比較になりません。
もし貴方が、話題のゲームを体験したい、友人と話題を分かちたいと思うなら挑戦すると良いと思います、初めのうちは課金とかは全然必要ないです!
DSCN1571.jpg

旧帝国海軍艦隊の誇りを受け継ぐ魅力たっぷりの鑑娘、敵側キャラが際立つ、深海棲鑑達との戦いを体験してみてくださいね。
僕は、おすすめしますね、他のオンラインやスマホゲームよりははるかに面白いですよ(笑)!
DSCN1570.jpg

DSCN1567.jpg

復活の為の序章

DSCN1539.jpg
DSCN1530.jpg
DSCN1531.jpg


なんて言うんでしょ?僕は、元々プラモデル作成はアニメを見てカッコイイなーあんなのが欲しいなって処から入ったので
綺麗なカッコイイガンプラやファイブスター物語のレッドミラージュみたいな機体が好きだったんですね。

この発想が自分自身をがんじがらめにして妙な型にはまりこんじゃったみたいなんです、素組みから塗装に入っていく段階で
完成品にこだわってるわけですね、自分では意識してませんでしたけど今思うと明らかにしてましたね(笑)
こういう考え方が悪いわけではないと思うんですが、楽しくないわけなんですよ…楽しくないと続かないんですよね。
例えばちょっとしたミスでも凄い嫌気が出るわけなんです。
あーもう完成品に傷ができちゃったなとかね?別に誰かに見せるわけでも、売るわけでもないのにすごい落ち込んじゃうわけですね。

上記の理由が大きな理由で一度僕はプラモデル作成から撤退してます(笑)
本当は、子供の時に戦車や戦艦等を叔父に作成してもらって子供心にものすごくワクワク、ドキドキしてたんです、趣味ってこれですよね。
ストレスを発散して楽しむためにするものなんですよね、最近ふっとした勢いでまたガンプラを作成しました。
まんま、素組なんですけど久しぶりだから純粋に楽しかったんです。
楽しかったから次もやりたくなって…でもニッパーとヤスリしかないわけなんですよね!
そうなると、やたら製作のための道具が欲しくなるわけです。

以前は、製作のための道具はすべてネットかヨドバシとかで揃えてたんで…結構値段が張りました!
いろいろ、調べると100均である程度揃うらしいので、試しに行って買ってきました(笑)
これがね…なかなか使えるわけですね、それに全く同じ商品で模型屋さんだと3倍はする商品もたくさんあるんですよねヽ(´Д`;)ノ
こういった商品は、そのままだと…えっ、てなるんですがアイデア次第でかなり使えるわけなんですね。
この辺の知識が、ファントムさんの、ブログで知ったんです。
そして、何より驚いたのがプラモデル製作のコンセプトってのが、やりやすい、楽しい、楽してこうなりたい…これなんですよね(笑)
僕の、最初のプラモ製作の失敗はこの辺が違うんだと思います。
そして、今までのプラモ製作で一番大きなトラウマ…失敗したら嫌になる。 ←これなんですが、ちがうよ、失敗してもそれは味なんだよプラモ製作ってそんなんじゃないでしょ!

上記のコンセプトこれが僕の制作方法を大変化させましたね、要はねなんも考えずに楽しく作ればいいんですよ…うん!
そう考えると、今までの制作物に対する考え方もガラリと変わりましてかっこよくなくてもいいんだ面白ければいいんだってなりました。
ガンプラで言うと、過去に作ったのは見た目スッキリどちらかといえばヒーロー系みたいな奴を好んで買ってたんですが、興味が俄然湧き出したのが、脇役系やおもしろ系、かわいい系とか幅が一気に広がり出しました。

最初の作例が、壽屋のダンボーですね、プロフィールにあるやつですね、あれはフィギュアなんですがプラモデルも出てます!
簡単で作りやすく、可愛いし面白いですね。
あと今までは見向きもしなかった、ガンプラの水中MSたちですかね(笑)これは、うーん面白いです!
また、ガンプラの記事で詳細を書いてみますね!
DSCN1527.jpg

最後になりましたが、メチャクチャかっこいいと思ったシリーズがあります、マシーネンクリーガーといいます。
知る人ぞ知るってやつですかね、既に最初の発売から30年が経っているらしいですね。
イメージは、第二次大戦の欧州戦線全般の陸戦をSF風に仕上げたベースからのモデルですね、だから感覚がしっくりきます!
特にドイツ第3帝国あたりの機甲師団風の味が出てますね。
このあたりは、ゲーマーとしては昔のセガから出てた、アドバンスド大戦略っていう恐怖のクソゲーなんだけど?だから話題に出るみたいなゲーマーあたりは泣いて喜びそうですけどね、機体や兵器をマシーネンに脳内変換ができればですけどね(笑)
DSCN1535.jpg
DSCN1537.jpg
DSCN1543.jpg

これは、純粋にカッコイイですし何より新しいプラモ製作の僕の、コンセプトにぴったりです、いずれは詳しく記事をあげてみたいですね!
長々と勝手なことばかり書き連ねて申し訳ありませんが、自分勝手なブログなんでよろしくお願いします!



最近復活した趣味…HOBBYかな?

DSCN1534.jpg
子供の頃には、凄くプラモデルが好きでお年玉やお小遣いで買ってたんですが…難しくて作れないんですよね(涙)
なのに、なぜか大きなプラモデルが好きで戦車や戦艦等を買っては、伯父さんに作成してもらってました。

そんな子供時代も終わり、なぜかバイクのプラモデルを買ったんですよね、バイクには当時は乗らないのに何故か買いました?
何て言うのかなぁ…高さがある方が見栄えがすると思ったんですよね!
そこから、数ある趣味の一つにはなった気がします、次に作成したのが…皆さんご存知ガンプラですね、これも当時ガンダムには興味がなかったんですけどね(笑)
突然MGのリックディアスって奴ですね、思ったよりもサクサク組めて完成したらカッコイイんですよ…大きいしね(笑)
DSCN1574.jpg
DSCN1572.jpg
DSCN1575.jpg

大きいってのが僕の趣味のポイントかも知れないですね(笑)
それでやっぱり作成するとガンダムに興味が俄然出てきたんですね、元々アニメは好きでしたからね、ちょうどテレビで放映されてたのが賛否両論のガンダムSEEDですね。
僕的にはファーストを後で見たんで全く違和感はなかったんでSEEDもDESTINYも好きなんですけどね、サブの主人公のアスランの、ダメキャラが妙に好きだしね(笑)
メインMSのフリーダム、ストライクフリーダムはメチャ好きですね、かなり作成しましたね。
この頃から、本格的にプラモを作成したくなって塗装や様々な作成技法に挑戦しだします…結果的に言いますとすべて失敗、逆に落ち込んで作成しなくなりました。
DSCN1576.jpg

で集めだしたのが、フィギュアですね、これは自分で言うのもなんですが相当なレベルまで行ったと思います、買うだけだしね(笑)
特に怪獣やSFは一時期特殊なガレキ以外はほぼコンプしてましたね!
その後は、ヤフオクでかなり売りましたので今は全盛時の1/10程度でしょうね、なんせ事務所が倉庫みたいになりましたからね(笑)

で今なんですが、久しぶりにストライクフリーダムのフルバーストVerがあったんで、素組で組んだら結構楽しかったんですね…でRGをストフリ、シャアザク、ジャスティスって組んで少し部分塗装をしたら、なかなかカッコ良いのでMGのRXー28Ver1Yearを組みましたこれは色合いが気に入ってて好きだったんですね!
でですね…僕は、2013の夏からオンラインゲームの艦隊コレクションをやってます(笑)
DSCN1581.jpg
DSCN1580.jpg
DSCN1578.jpg

これは、別にまた記事を書きます…はい!

艦これに、触発されたのか?プラモ製作に目覚めたのか、突然大和の1/700フジミ模型のNEWVerに挑戦しました…一応完成しましたがこれは辛かったです!
サイトや製作記ではかなり易しいモデルらしいですが?パーツの細かさが半端ないし道具がまともにないからパーツを飛ばしまくって…探すのが苦行なんです(涙)
とにかく製作の道具をまた一から買い直さなきゃいけないのでサイトをサーフィンしまくって見つけたのが、ファントムさんの(プラモデル始めました)なんですよね。
とにかく道具のことが詳しいしご自分の体験談から出てるので共感を持ちやすいし参考になりまくりました、ここからプラモ製作の道具集めがまた楽しかったんですよね。

こんな経験から、今は新しい境地でプラモ製作を始めてます、これからどうなるのかわかりませんが僕自身の趣味は結構幅が広いんで…あっちなみに仕事も特殊なんで面白いことがたくさん起きますのでまた、折々に記事にしてみたいとも思います!
こんな感じでブログのご挨拶と最近1年間ぐらいの近況ですね。

皆さんよろしくお願い致します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。